EVA外伝第四話    アスカの大失態

頂き物小説のトップに戻る

 

 

6時30分ミサトの家から、あるはずのないシャワーの音が聞こえてくる。

そう入っているのはアスカである。こんな時間に起きた事など一度もないアスカであったが、今日は特別なのである。シンジに告白をしようと考えていたのだ。それに、4月といっても、セカンドインパクト後の乱れた気候では、真夏とそう変わらない暑さであり、新陳代謝が活発な思春期の子供達には朝のシャワーは欠かせないものであった。

 

(ふぁー。眠い、眠い。これ終わったらまた寝ようかなぁー、って寝ちゃ駄目じゃない!!今日こそはシンジの奴をその気にさせてやるんだから)

 

なにやらよからぬ事を考えているアスカであった。それとおなじころ、シンジも目を覚ましていた。

 

(今日からお弁当作らなきゃいけないんだった。早く用意して、母さんに気づかれないようにしないとな)

 

ユイに見つかったらまたからかわれるだろうと思ったシンジは、早めに用意をして弁当も自分のかばんの中に入れた。その頃にはレイも弁当を作り終わっており、早く昼食の時間が来ないかと7時ごろから楽しみにしていた。

 

(今日から碇君の作ったお弁当が食べられる…嬉しい)

 

今日1日レイの機嫌はすこぶるいいであろう。アスカやマナが妨害しない限りは。

 

 

   −1時間後−

 

シンジは依然と同じように、アスカと登校した。

 

「ねえシンジ、今日の放課後暇?」

「うん」

「じゃあ私の買い物につきあってくれない?」

「いいけど…僕でいいの?」

「私が良いって言ってるんだからいいの…私が好きになるくらいんだから自信持ちなさいよ

 

自分がもてている事にいまだに気づかないシンジであった。

 

「え、何?」

「な、何でもないわよ」

 

シンジをデートに誘う約束をうまく取り付けたアスカであった。これが学校だとレイ、マナに妨害される可能性が高いと言う事を踏まえて、登校中に誘ったアスカであった。意外にもなかなか策士である。

 

―1時間目開始―

 

レイはずっとシンジの方を見ながらニコニコし、アスカも似たような状況でだった。シンジは二人の視線を感じてかむずがゆい感じがしていた。それをマナが不思議そうに見ていた。こんな状況ではシンジは勉強どころではなかった。

 

     −4時間目終了−

 

「碇君、お弁当…」

「ありがとう、綾波。はい、これ」

「「何よそれ――!!!」」

 

(あちゃー。やっぱりこうなったか)

 

マナとアスカが同時に大声をあげた。それにビックリしたほかの生徒は、争いに巻き込まれないようにこそこそと端のほうに逃げていった。

 

「ア、アスカにマナも落ち着いて…」

「う・る・さ・い。あんたは黙ってて」

 

そのアスカの目を見た瞬間、シンジやその周りにいたトウジ、ケンスケも凍ってしまった。

 

「昨日、碇君と約束したの。お互いのお弁当作ろうって」

「シ・ン・ジィ〜〜なんでそんな約束したのかなぁ〜〜?」

 

アスカは優しく笑顔で言ったが、声は震えていたし、こめかみにも青筋がたっていた。

 

「ちょちょちょちょ…ちょっとね…」

「ちょっとじゃ・な・い・わ・よ。説明し・な・さ・